福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

第26回県連通常総会が開催されました(2006年5月25日)

 5月25日、福島市の労金ビル5階大ホールを会場に第26回通常総会が開催されました。会員生協の代議員55名(本人48名、代理4名、書面3名)と県連役員・ご来賓・オブザーバーの方々で計80名の出席となりました。

 昨年の総括と今年の方針についての会長挨拶に引き続き、来賓としてお越しいただいた福島県生活環境部長代理の松本茂様、JA福島中央会会長代理の大内雅美様、福島県労働福祉協議会事務局長の菅野敏夫様、日本生協連北海道・東北地連事務局長の針川佐久眞様の4氏から大会の盛会と今後の発展を祈念した祝辞をいただきました。

 今総会を祝って全国の都道府県連・生協・友誼団体からいただいた59通のメッセージと祝電も披露されました。

 議事に入り、第1号議案 平成17年度活動報告並びに決算報告及び剰余金処分案承認の件が菅田事務局長より提案され、宍戸誠監事より監査の結果が報告され賛成多数で承認されました。

 第2号議案 平成18年度活動計画並びに収支計画決定の件の提案では、代議員より「生協運動をさらに磐石なものにするために医療生協・購買生協の組合員がお互いの生協に加入する運動が必要ではないか」との意見が出され、これを含めて満場一致で承認されました。

 第3号議案 「生活協同組合の自主行動基準」策定の件は満場一致で承認されました。

 議事終了後、「憲法改悪の露払い・国民投票法案の上程を阻止しよう」、「療養を必要とする患者の病院からの追い出しと『介護難民』をつくる介護報酬の改定に反対し、社会保障の充実を要求しよう」の2つの総会決議案が提案され、どちらも満場一致で採択され、今年度のスタートが切られました。

県内より55名の代議員が出席 挨拶をする熊谷会長 祝辞を述べられる来賓の松本茂様
祝辞を述べられる来賓の大内雅美様 祝辞を述べられる来賓の菅野敏夫様 祝辞を述べられる来賓の針川佐久眞様
戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.