福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

第27回県連総会が開催されました(2007年5月29日)


 5月29日、福島市の労金ビル5階大ホールを会場に第27回通常総会が開催されました。会員生協の代議員57名(本人53名、代理1名、書面3名)と県連役員・ご来賓・オブザーバーの方々で計84名の出席となりました。

 昨年度のまとめと今年度の方針についての会長挨拶に引き続き、来賓としてお来しいただいた福島県生活環境部参事の松本茂様・代理 荒川敏様、JA福島中央会農業対策部長の中島精一様、福島県労働福祉協議会事務局長の菅野敏夫様、日本生協連北海道・東北地連事務局長の針川佐久眞様の4氏から大会の盛会と今後の発展を祈念した祝辞をいただきました。

 今総会を祝って全国の都道府県連・生協・友誼団体からいただいた52通のメッセージと祝電が披露されました。

 議事に入り、第1号議案 平成18年度活動報告並びに決算報告及び欠損金処理案承認の件が菅田事務局長より提案され、土田弘之監事より監査結果が報告され満場一致で承認されました。

 第2号議案 平成19年度活動計画並びに収支計画決定の件の提案では、代議員より次の趣旨の発言がありました。「憲法改正、とりわけ憲法九条改正の動きに対し、県生協連では第24回生協大会で加藤周一先生の講演で、『九条改悪反対・NOの過半数の力が大事である。その力を日常の活動・学習の中で獲得しよう』と話され、まさに名言と感じた。県連会長が県九条の会の呼びかけ人になっており、また今日の総会決議でも取り上げられており、大へん心強く感じている」。議案は満場一致で承認されました。

 第3号議案 役員選挙の件では、任期満了による新役員の選任が行われました。立候補された方22名(理事19名、監事3名)はそれぞれ会員区・女性区枠の定数要件を満たす数でしたので、代議員の拍手で承認され、20名が重任、2名(理事・監事各1名)が新任の新たな体制となりました。役員互選により、会長には熊谷純一氏(コープあいづ副理事長)、専務理事には宮田育治氏(郡山医療生協専務理事)、常務理事には吽野元衛氏(いわき市民生協理事長)・齋藤和衛氏(福島医療生協専務理事)の重任となり、新たな理事として福島県中央生協専務理事の佐藤孝之氏が就任しました。また監事の佐藤一夫氏(コープふくしま常務理事)の退任に伴い野中俊吉氏(コープふくしま常務理事)が新たな監事として就任しました。

 議案採択後、遠藤澄江代議員(コープふくしま)から総会決議案『憲法九条が危ない! 今こそ「九条守れ」の国民的世論を巻き起こしましょう!』が提案され、満場一致の拍手で採択され、散会となりました。


挨拶をする熊谷純一会長 祝辞を述べられる来賓の荒川敏様
挨拶をする熊谷純一会長 祝辞を述べられる来賓の荒川敏様
祝辞を述べられる来賓の中島精一様 祝辞を述べられる来賓の菅野敏夫様
祝辞を述べられる来賓の中島精一様 祝辞を述べられる来賓の菅野敏夫様
祝辞を述べられる来賓の針川佐久眞様 総会決議を提案する代議員の遠藤澄江さん
祝辞を述べられる来賓の針川佐久眞様 総会決議を提案する代議員の遠藤澄江さん
戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.