福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連の活動
福島県連の活動

ユニセフ写真展「同じ地球の空の下」が開催されました(2007年2月28日)

 福島県生協連が事務局を務める日本ユニセフ協会福島県支部は、設立3周年記念事業の一環として1月28日〜2月12日までの16日間、福島市写真美術館を会場にユニセフ写真展「同じ地球の空の下」を開催しました。

 これは全国新聞社事業協議会加盟46社と(財)日本ユニセフ協会がベネッセコーポレーションの特別協賛をいただいて全国に開催を呼びかけているものです。

 全国新聞社事業協議会には本県では福島民報社、福島民友新聞社が加盟しており、両社に福島県支部の会長、副会長をお願いしております。

 初日の1月28日は、県支部会長の花田勗氏(福島民報社取締役会長)、県支部副会長の伊佐早幸男氏(福島民友新聞社取締役社長)、県支部専務理事の根本章子氏(福島県生活協同組合連合会理事)の3氏よるテープカットでオープンしました。

 このもようは、新聞両紙と福島テレビによって報道され、開催を多くの県民にお知らせすることができました。

 展示会場は田沼武能、桃井和馬、高橋邦典、渋谷篤志の4氏のレンズを通した眼により、世界33の国や地域での紛争や貧困から生み出された子どもたちの現状が83点の印画紙に写し出されています。地雷により腕を失っても笑顔で遊ぶ子ども、エイズの末期症状の子ども、キャンプ地でのテントの中での授業、銃を持ち戦争の前線に移動する子どもなどを通してプロの報道カメラマンが私たちに問題と課題を訴えます。

 展示のはじめに各氏が私たちに問いかけるパネルの中で、「ひょっとしたら、彼らが日本人として生まれ、あなた自身がリベリアで生まれていたかもしれません」の言葉は胸を射す一言でした。

 期間中の来館者は850名を超え、夫婦連れや家族連れ友達同士などの一般来館者の他にも、会場近くの中学校からは3年生の3クラスが授業として訪れたり、盲学校の生徒が先生と来て、よく見えない箇所は先生が言葉で説明するなどの光景も見られました。

 アンケートも144通が寄せられ、「医療に従事しているが、改めて自分の視野が広がった。何のために自分は仕事をしているのか考えさせられた」「日本は恵まれているのに、なぜ自殺やいじめが多いのでしょう」「写真には真実を伝える力を感じた。日本の教育の場でも同じ世代の子どもたちの姿を伝えていく必要がある」「日本は物には恵まれているが、子どもたちの目は曇るばかり、幸せであることに気がつかない(もしかしたら、愛情、その他足りないものがたくさんあるのかも)」などの感想が寄せられました。

会場の福島市写真美術館
(花の写真館)
期間中、約850名を越える
来場者がありました
4名のプロカメラマンによる写真は
強く訴えかけるものでした
戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.