福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連の活動
福島県連の活動

北海道・東北地区生協06年度第2回福祉活動自主交流会報告
〜福島県からコープあいづが報告〜
(2007年3月26日)

 北海道・東北の生協と日本生協連では、この間、各生協の「くらしの助け合い活動」の取組みを交流し、現状と共通の課題の理解を図るため、「北海道・東北地区生協福祉活動自主交流会」(座長:佐藤ふみこ・みやぎ生協理事)を開催してきています。

 2007年3月20日、仙台市で、06年度第2回目の交流会を開催しました。

 交流会は、日本生協連福祉事業推進部といわて生協組織本部から報告した後、参加した生協から、それぞれの取組み報告を行い交流し合いました。

 福島県からは、コープふくしま(瓶子幸子理事・八巻美恵子さん)とコープあいづ(舟木やよい副理事長・佐藤美代子理事)から4名が参加し、コープあいづが「助け合い活動や子育て支援の取組み」を報告しました。

<福祉活動自主交流会の概要 3月20日11時30分〜16時>

◇報告「福祉助け合い活動はどう発展するか」

日本生協連 尾崎靖宏福祉事業推進部担当

  • 資料「くらしの助け合い活動に関わる組織のあり方検討会」報告
     
  • 全国生協の「くらしの助け合いの会」の活動状況の進化により、これからの生協における福祉活動と今後の組織のあり方について

◇報告「ワーカーズコープ〜くらしいきいき応援隊〜」取組み報告

いわて生協 組織本部 中村弥生さん

  • 第5次中計福祉分野の課題『生協として「福祉」だけでなく、地域社会に対し貢献出来ることは何なのか』を検討。
     
  • (1)参加する人が生きがいを感じ元気になれること(2)活動するメンバーが運営に関わり(直接民主主義、話し合いを大切に)自分の活動として関わること(3)利用する人のハードルを低くを前提に、事業活動のメニューを検討し、今後、生協とともに地域に貢献でき、独立採算の事業として確立を目指す。

◇各生協からの報告要旨

  • 青森県生協連 「ふくしdeまちづくり」を県連リーダ研修で継続して取り組む。
     
  • いわて生協 「ふくしdeまちづくり」の取り組みで、盲導犬を伴うバス利用等について状況調べ、バス会社との協議を今後進めていく。
     
  • みやぎ生協 利用状況では、子育ての援助が増加し。利用会員が増加するが、活動会員やコーディネーターが増えない。
     
  • 生協共立社 「助け合いの会」の活動が2007年度から全県展開になるなど。
     
  • あいコープみやぎ 有料化により、利用者からの要望が厳しくなってきたなど。
     
  • コープあいづ 介護保険制度の改正で保険適用から外れる援助が増え、対応しきれない。「ふれあい弁当作り」や新店(あいおい店)の一角に子育て支援のスペースを実現。

◇参加生協(生協名のみ1名、複数参加人数)

 青森県生協連、いわて生協(3名)、みやぎ生協、あいコープみやぎ(2名)、生協共立社、コープふくしま(2名)、コープあいづ(2名)、日本生協連(福祉事業推進部、地連2名 計3名)

戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.