福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

福島稲荷神社において、今年も「福島の子ども保養プロジェクト」が、事故や怪我なく無事に進めることができますよう。また生協連の様々な事業活動が、円滑に運び、福島の復興の一助になるよう。役職員一同息災で仕事に従事できるよう新年初祈願祭において、ご祈祷を受けてまいりました。

福島稲荷神社について

御祭神

豊受比売命(とようけひめのみこと)

大國主命(おおくにぬしのみこと)

事代主命(ことしろぬしのみこと)

由緒

 社伝によれば第六十六代一条天皇の永延元年(987年)、当時朝廷に重用された陰陽師の安倍晴明が奥羽下向の際、吹島の里(福島)にさしかかったところ、西には吾妻山が空にそびえ、北には信夫山が平原の中より屹然として突出し、南は阿武隈川の清流洋々として東流し、山水の風致、自然の景勝に目を見張るのみならず、地味肥沃にして農耕に適し、将来大いに有望な地相であるとして一祠を建て、衣食住を司る豊受比売命(伊勢神宮の外宮の神さま)を勧請し、此の里の総鎮守としたことに始まります。江戸時代には福島藩の鎮守とされ、代々の藩主の尊崇を集め、境内では市が開かれ賑わいをみせました。御鎮座以来一千年を越える歴史を刻み、風光明媚な温泉と果物の里、福島の鎮守様として「おいなりさん」の愛称で、広く福島市民に親しまれています。

戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.