福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

全国のみなさまへ

2011年3月17日

福島県生活協同組合連合会

会長 熊谷 純一

東日本大震災による地震や大津波で犠牲となられた方々に、
心より、哀悼の意を表しますとともに、被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災による地震ならびに大津波による甚大な被害、
また原子力災害に対する全国からの緊急支援に、心から感謝申し上げます。

 この度の「東日本大震災」での地震並びに大津波は、未曾有の大災害となりました。

 福島県では、地震での被害も甚大でしたが、その後の大津波で太平洋沿岸の浜は壊滅状態となり、さらに今、原子力災害に見舞われ、そうした地域の人たちは、家族を失い、家を失い、避難所を転々としながら、不安な日々を過ごしています。

 原子力災害は、いつ終息するのか見通しもなく、果たして住み慣れた地域へ再び帰ることができるのか?ただでさえ辛い避難生活に追い討ちをかけ、精神的なダメージは計り知れないものがあります。

 そうした避難民は、福島県の中央部や会津各地に設けられた避難所に、既に新たな受け入れができないほど押し寄せ、今では県外にまで及んでいます。

 県内生協では、コープふくしまを中心に、多くの事業所で甚大な被害が発生しています。また共同購入では、配達できる物資がないこともありますが、何より配送車の燃料を確保するのが困難で、活動に支障が出ています。

 そうした中でも、希望を失うことなく事業の復旧に向け、全力を挙げた取り組みを行いながら、自治体からの救援要請に、できうる限り応え続けているところです。

 福島県の特徴は、原子力災害が発生していることによる風評被害があって、物資配送が鈍っていること。
 原子力災害のため、他県と異なり、復旧のための手立てすら奪われてしまっており、復興が長期化することです。
 また、それまでの間、避難民を受け入れ続けるために、救援支援物資を確保し続けなければなりません。

 これまでの全国からの支援に心から感謝申し上げますとともに、福島県内の生協は、県民のみなさまとともに「がんばっぺ!!ふくしま」(福島の方言でがんばろうの意味)を合言葉に、復興に向けて、全力で取り組んでまいる所存です。
更なるご支援をよろしくお願い申し上げます。

戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.