福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

『消費者力講座I』を開催致しました。(2010年9月8・9日)

 福島県消費者ネットワークが主催し、昨年に引き続き消費者力講座Iを開催いたしました。

 各生協、漁協女性部、地区労福協始め連合加盟の労働組合の方々が参加され、1日目の郡山、2日目のいわき合わせて計44名の受講となりました。

 講師には前回お越しいただき好評だった、財団法人日本消費者協会消費生活コンサルタントの広重美希さんをお迎えしました。

 午前10時からお昼休憩をとり午後3時まで、4時間余りの講義を皆真剣な面持ちで受けられました。

 午前の部は「なぜ消費者力なの?」「契約」と題しての講義をしていただきました。

 どれも私たちの生活に必要な知識で、分かっているようで分かっていない部分が多々あることに気づきました。

 私たちは、消費生活について積極的に学ぶ機会が少ないことから、知識不足による消費者被害(オレオレ詐欺・架空請求詐欺など)が多発していること、賢い消費者になるための能力が「消費者力」であり、自己責任を求められる消費者はこの「消費者力」が必要であるとお話下さいました。

 ご自身が消費生活相談員として受けた具体的事例を通して、大変分かりやすく講義していただきました。

 午後の部は「悪質商法」「衣生活」「食生活」と題しての講義をしていただきました。

 訪問販売・通信販売・電話勧誘販売など、身近に起こりうるトラブルをどのように未然に防ぐか、またどの様に対処すべきかなど、クーリングオフや契約の無効・取消・解除等についても詳しくお話いただきました。

 衣生活では衣類の表示義務についてやクリーニングトラブルについてなど、食生活では食品衛生法やJAS法について、消費期限と賞味期限について、食品の安全性の観点から食中毒やフードディフェンス(食品に異物や毒物を故意に混入する行為を防ぐこと)についてを学びました。

 受講者の皆さんからは「分かっているようでうろ覚え・あいまいな知識を明確に出来た」「普段は自己判断で生活していたが正しい知識を身につけたい」「自分自身や周りの人達へも毎日の生活を安全に過ごす事ができるように気をつけたりアドバイスが出来るようになりたい」などの感想が寄せられました。

 消費者トラブルは他人ごとのように思われがちですが、誰もが消費者であり、誰もがトラブルに巻き込まれる可能性があります。消費者自身が賢い消費者になり、暮らしやすい環境で安定した生活を送るために一人ひとりが「消費者力」を高めていきましょう。

 10月には下記の日程で「消費者力講座II」の開催を予定しております。

 今回受講された方はもちろん、10月のみの受講も可能ですので、多くの皆様の参加をお待ちいたしております。

消費者力講座II

10月4日 郡山会場
郡山総合福祉センター3F 技能室(洋室)
10月6日 いわき会場
福島県水産会館1F会議室

時間はいずれも、10:00〜15:00となっています。

受講料は、無料(初めて受講の方はテキスト代1,700円)です。昼食は準備いたします。

消費者力検定試験に挑戦しましょう!

11月に消費者力検定の団体受検を予定しています(希望者のみ・受験料は2,800円)

※団体受験となりますので、会場並びに日程については、消費者講座受講者の意向を聞きながら、今後決めたいと考えております。

※5人以上で団体受験可能なので、5人以上まとまれば、グループごと、地域ごとでの試験も検討します。

戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.