福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース

「いのちの山河講演会」開催(2010年3月9日)

いのちの山河 日本の青空II 大澤 豊監督作品

いのち”に格差があってはいけない

講演「旧沢内村の「生命行政」から学ぶ」 講師 大澤 豊氏

講演する大澤 豊監督
講演する大澤 豊監督

 去る3月9日(火)10:30より、会津若松市中央公民館において、映画「日本の青空IIいのちの山河」の監督大澤 豊氏を招き、県内各地から上映運動の推進役の方々48名が集い、講演会を開催しました。

 日本の青空=守る憲法(9条・戦争放棄)から日本の青空II=活かす憲法(25条・生存権)へ

 大澤監督からは、映画製作の秘話や苦労話を交え、映画「いのちの山河」が意味するところについて、熱心に語っていただきました。

「人々が理想に向かって力を合わせるならば、人間とは十分に何事かを成し得る」 深沢晟雄

主催者代表挨拶 熊谷純一会長
主催者代表挨拶 熊谷純一会長

 参加者一同、この映画上映を進める活動を通し、昨今の貧困、格差社会、社会保障費削減、医療制度改悪、派遣切り、自殺者激増、3万3千人と言われる無保険児童(親が国民健康保険に入っていないために医療を受けられない子ども)、少子化などなどの世相を鑑み、憲法25条=生存権「健康で文化的な最低限の生活を営む権利」について考える世論を作り出し、旧沢内村の偉業を生きたモデルとし、社会保障の充実強化を心をひとつに協働の力で成し遂げていかなければならないという思いを共有化することができたと思います。

 参加者一同は、講演会の後、会津若松市での本上映会の14時からの上映に臨みました。

 大澤監督には、14時からの上映の前の舞台挨拶やパンフレットへのサイン会などをお願いしました。

 突然のサプライズに来場者の皆様方にはたいへん喜んでいただけました。

舞台挨拶する大澤監督 いのちの山河 日本の青空II(写真)
舞台挨拶する大澤監督  
戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.
s