福島県生活協同組合連合会 home
福島県連ニュース 福島県生協連とは 福島県連の活動 会員生協ファイル 組織運営図 活動方針 掲示板
HOME > 福島県連ニュース
福島県連ニュース
アグネス・チャンを迎え「ユニセフのつどい2006 in ふくしま」が開催されました (2006年9月23日)

 日本ユニセフ協会福島県支部()の設立3周年を記念した「ユニセフのつどい2006inふくしま」が、2006年9月23日、福島県文化センターにおいて開催されました。

日本ユニセフ協会福島県支部は、2003年9月に設立。会長に花田 勗(つとむ)・福島民報社代表取締役社長、副会長に伊佐早幸男・福島民友新聞社代表取締役社長と熊谷純一・福島県生協連会長が就任。支部は県生協連内(事務局:県生協連)。

 今回のつどいは、設立3周年を節目として祝うとともに、アグネス・チャン日本ユニセフ協会国内大使を迎え、彼女の世界の各国における活動をお話していただくことにより、県民の方々にユニセフ活動について広く知っていただくことを目的に企画されました。

 つどいは、歌手の丹治勝子さんによる「ユニセフ福島県支部の歌『ユニセフは愛』」でオープニングしました。

 次に、つどい実行委員長の工藤信行県支部常務理事が「設立3周年を迎え、節目としてさらに多くの方々にユニセフをご理解いただくことを願って開催いたしました」と主催者あいさつをしました。続いて来賓としてお招きした日本ユニセフ協会の千寿満城団体・組織事業部長からユニセフの歴史や理念、活動についてお話していただきました。

 次に花田勗県支部会長が、県支部の報告とあわせて「平成15年9月25日に日本一の県支部になろうと国内で13番目の県支部として設立された。ユニセフの会員になることについては、まだよく知られていない面もある。イベントを通しながら、少しでも多くの県民にユニセフの活動を知っていただき、仲間に入っていただけるよう努力している」と報告しました。

 そして、アグネス・チャン日本ユニセフ協会国内大使の「みんな地球に生きる人〜日本の国際化と子どもの未来〜」と題する記念講演に入りました。

 講演は、彼女の中学生の頃の心の内面の紹介から始まり、ボランティア活動をするきっかけやボランティア活動をしたことによって得られた人の世のさまざまな様子、日本に来て文化の違いや個人差などの違いの認識により、さらに深まったボランティアの心としての成長などが話されました。また、ユニセフに入る前のアフリカ訪問で、現地で貧しいが、人なつっこい子どもたちと遭った時から、ボランティア心が湧き、ユニセフに入ったことも紹介されました。続いて、ユニセフに入ってから世界各国を歩き、ユニセフが写真や記事で紹介するような悲しい・凄惨な実態を、子どもたちを思い出して涙を交えながらの講演となりました。

  彼女の言葉で印象的なものはたくさんありましたが「中学生のときボランティア活動をすることによって、世の中には悲しみや苦しみを持った人がたくさんいることがわかった。その時までは他人のことをあまり考えなかった。小さな悩みで苦しんでいる自分が恥ずかしくなった」「難民の子どもが唯一食べられるのものは生ゴミだった」「人間は文化が違うので、同じにはなれない、なることもない。大事なのはお互いに違いを認め合うこと」などは胸を打たれました。

  各国での自分の活動を報告することで世界の悲しさ・貧しさの実態を知ってもらい、ユニセフ活動をさらに皆で確かなものにしようとする彼女の熱い話は講演時間をオーバーするものとなり、参加した方々からも「良かった」「素晴らしい、感動した」「涙が出た」などとの多くの感動と満足の感想が寄せられました。

会場には約800名の方が来場されました 講演するアグネス・チャン日本ユニセフ協会大使
会場には約800名の方が来場されました 講演するアグネス・チャン日本ユニセフ協会大使
ユニセフグッズコーナーも人気を博しました ロビーではアグネス・チャンのレソト視察記録を紹介しました
ユニセフグッズコーナーも人気を博しました ロビーではアグネス・チャンのレソト視察記録を紹介しました
戻る
E-MAIL 福島県生活協同組合連合会|〒960-8105福島市仲間町4-8ラコパふくしま4F Copyrigh (C)Fukushima Kenren All Rights Reserved.